人口大理石の鏡面加工

■鏡面加工の特徴
鏡面加工では、人工大理石を細かく磨き上げ、凹凸をなくすことで光沢を取り戻します。
鏡面加工後にコーティング剤を塗布するわけではなく、素材をそのまま生かすことになります。

鏡面加工で仕上げると、人工大理石の表面に見えない凹凸がなくなることで、撥水効果が出るほど表面が滑らかになります。

そのため、コーティング剤を塗布した状態と同じように汚れを付きにくくする効果が得られ、汚れがついてもさっと一拭きで落ちる、お手入れが簡単なキッチンになります。

  • 1. 施工前のチェック。
  • 2. クリーニングします。
  • 3. 研磨作業。
  • 4. 仕上がりチェック。
  • 5. 施工終了です!


注意点
  • ・毛染剤、ヘヤーマニキュア等長期間付着したまま放置すると変色します。万一付着した場合は、すぐに洗剤等で洗い流してください。
  • ・酸性・アルカリ性の洗剤及びクレンザー等は塗膜を傷つけるので使用はさけてください。
  • ・硬いものを落としたり、ぶつけたりすると、塗膜の欠け、キズが生じます。ご注意ください。
  • ・浴槽水浄化保温装置『24時間風呂』を継続して使用すると、塗膜表面のフクレ、荒れなどの原因になるので使用を避けてください。

注意事項
  • ・日常の汚れは、水を充分に絞ったウエスなどで汚れを拭きとってください。
  • ・除去し難い汚れが付着した場合は、中性洗剤で洗浄して除去してください。



ご相談・お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら